妊婦の皆さまへ (新型コロナウイルス感染症の対応について)|お知らせ

妊婦の皆さまへ (新型コロナウイルス感染症の対応について)

2020年04月14日
 

4月7日に政府が新型コロナウイルス感染症対する緊急事態宣言を発出しましたが、同日に日本産婦人科学会・日本産婦人科医会も新たな対応を提示しました(妊娠中の皆さまへ参照)。

それを踏まえて、当院でも従来の対応に加えて一部変更としました。妊婦さんや産まれたばかりの新生児、当院の医療従事者への感染リスクを避けるためにも、ご理解とご協力をお願い致します。

2020年4月14日現在の当院での対応は、以下の通りです。

  • 妊婦健診:混雑緩和のため、間隔を調整させていただく場合があります。
  • 出産準備教室:少人数による集団指導、または個別指導となります。
  • 入院中の面会:禁止です。
  • 有償個室のお付添い:禁止です。
  • 立会い分娩:中止です。
  • お祝い膳:お部屋でご本人のみです。
  • アロママッサージ:中止です。
  • 当院への里帰り予定の方:帰省後約2週間の経過観察後に健診の予約を入れてください。
  • 他院への里帰り予定の方:里帰り先の病院に早めにお問い合わせすることをお勧め致します。

妊娠中の皆さまへ

4月7日に日本国政府が新型コロナウイルス感染症に対しての非常事態宣言を発出し、皆さまのご不安も強いと思います。これまで日本産科婦人科学会は日本産婦人科感染症学会と連携して、医学的な情報を提供してまいりました。 今後もこの情報にご注目いただくとともに、改めまして基本的なお願いを申し上げます。

  • 妊娠中に新型コロナウイルス感染症にかかる率は一般の方と同じです。 手洗いや人との距離をとる(3 密を防ぐ)などの注意も同じです。日本より多数の感染者を出している国々で、妊婦が特別にこのウイルスにかかりやすい、という報告はありません。
  • 幸い、妊娠中の重症化率も一般の方と同じかむしろ低い値が報告されています 集中治療室入室率なども、人口当たりになおすとむしろ低めの報告がなされています。
  • 急な帰省分娩の検討はぜひ避けてください。 分娩は予約された数によってその体制が決まっています。特に地方の小規模施設は急に受け入れる余裕がないところがほとんどなので、移動するほうがリスクになりかねません。
  • 感染予防のために付加的な医療サービス(立会分娩、面会など)が制限されます その施設の方針に従ってください。
  • 妊婦健診は重要であなたとあなたの赤ちゃんのいのちと健康を守ることが証明されています。しかし、妊婦健診の間隔を延ばしたり、超音波検査の回数を減らす、パートナーの立会いをお断りすることがあります。不安な症状がその間にあれば、どうぞ電話などでご相談ください。 施設全体の感染防御策や担当医の指示に従ってください。
  • 感染予防のために現在新型コロナウイルスに感染中の方や強く疑われる方の分娩方法や授乳方法を変えざるを得ないことがあります。

    施設ごとに医療資源や、感染防護に使うことができる機材が異なっています。帝王切開を積極的に行うこともやむを得ない施設が多くなっています。施設の方針をご確認ください。

令和 2年 4月 7日
日本産科婦人科学会理事⾧
木村 正
日本産婦人科医会会⾧
木下勝之

PAGETOP
医療法人社団 公和会 中村記念愛成病院
医療法人社団 公和会 中村記念愛成病院
  • 〒090-0051 北見市高栄東町4丁目20番1号
  • TEL: 0157-24-8131(産科・婦人科)
  • TEL: 0157-33-3088(小児科)
社会福祉法人愛和会 特別養護老人ホーム あいせいの杜